クラフトビール入門!よなよなビアワークスに行ってきました!

QOLを上げる

クラフトビールとは

clear long-stem wine glasses

そもそもクラフトビールがどういうものを指すんだろう、、、という人も多いかと思います。

クラフトビールの定義には諸説ありますが、大枠としては大手のビール会社が量産するビールと対比する概念として用いられます。地ビールと呼称されるものもこれに含まれます。

1994年の酒税法改正によりビールの最低製造数量基準が2,000キロリットルから60キロリットルに引き下げられたことで、全国で小規模なビール醸造会社が誕生したのが走りのようです。

近年では大手のビールメーカーもクラフトビール業界に参入する動きを見せ、大きな盛り上がりを見せています!

 

よなよなビアワークスについて

今回私は、よなよなビアワークスというクラフトビールの専門店に行ってきました。

よなよなビアワークスとは日本No.1のクラフトブルワリー「ヤッホーブルーイング」のドラフトビールを最も多く味わう事ができる、よなよなエール公式ビアレストランです。

ヤッホーブルーイングは現在ビール業界で大手5社に次ぐ6位、クラフトビール業界では最大手のクラフトビールメーカーです。

よなよなビアワークスは現在首都圏に8店舗展開しています。

HOME - よなよなビアワークス
YONA YONA BEER WORKS(よなよなビアワークス)には、店舗に関わる全ての想いが込められています。ヤッホーブルーイングで醸造する人達、その彼らが心を込めて造った「よなよなエール」をはじめとするクラフトビール。そして、クラフトビールやそれに合う温かみのある料理を提供するシェフとスタッフ。『YONA YONA...

今回はそんな今大注目のビールショップでクラフトビールを初体験してきました!!

 

よなよなエールを飲んでみる

ビールのメニューはこのようになっています。

small(250mm)・regular(400mm)・pint(650mm)の3サイズから選ぶことができます。

そのほかに、スモールサイズを3種類選んで飲み比べができるお得なセットもありました。

このように大まかな特徴で味の分類をしている表もありました。好みによって選びやすいですね!

よなよなエール

画像:公式サイトより引用

初めはお店の名前にもなっている看板メニューのよなよなエールをレギュラーサイズで注文しました。

よなよなエールはクラフトビール王道の味わいを追求したアメリカンペールエール(イギリス発祥の金色〜銅色のビール)という種類です。

香りは至って普通のビールです。一口飲んでみると柑橘系の爽やかな口当たりでとても飲みやすい!

結構甘いです。ビール苦手な方でも飲みやすい味になっています。

調べてみると、カスケードという品種のアロマホップを使用しており、グレープフルーツのようなフレッシュな香りとモルトの甘みが特徴だそうで、その効果で飲みやすいビールになっているようです。

東京ブラック

画像:公式サイトより引用

二杯目はよなよなビアワークス唯一の黒ビール、東京ブラックをレギュラーサイズで注文しました。

東京ブラックはロースト麦芽によって生まれる黒い色と、コーヒーやココアを思わせる香りが特徴の黒ビールです。

黒ビールは基本的に苦味が先行してくるイメージでした。東京ブラックは意外にもさっぱりしていて黒ビールとは思えないほど飲みやすい!このビールも非常に果実感の強い味わいでした。

僕ビール、君ビール

画像:公式サイトより引用

3杯めはカエルのパッケージが目を引く僕ビール、君ビールをレギュラーサイズで注文しました。

麦芽とホップのみで作った「時代は変わる、ビールは変わらない。なんてことはない。」がキャッチコピーのビールです。

香りが立っておりビール欲を刺激してきます。これも口当たりがさっぱりしています!3杯の中では一番飲みやすいビールです!

僕ビール、君ビールは、ベルギーやフランスで夏の農作業の間に飲まれていたセゾンビールという酸味とホップの苦味が特徴のビールをベースに、クラフトビールならではのフレッシュでジューシーなアロマをブレンドし仕上げたそうです。

感想

今回はレギュラーサイズで3杯注文しました。

レギュラーサイズは400mmあるので、多くの種類を楽しみたい!という人は250mmのスモールサイズで楽しみましょう。

僕個人の感想にはなりますが、基本的にどのビールもフルーティな味わいで飲みやすいなと感じました。

黒ビールまで飲みやすく、お酒が好きならビールが苦手な人でも楽しめるスポットだと思いました。

フードも充実しており食べ応えのあるものばかりでした!

この写真はキノコやベーコンをふんだんに使用した森のヤッホーサラダというサラダです。

内装も凝った作りでお洒落です。場所もよくデートにも使えるお店かと思います!オススメです!

写真や店舗情報はこちらからご覧ください。

今回紹介したヤッホーブルーイングのクラフトビールは、全国のスーパー、コンビニエンスストアでのパッケージ販売も行っている商品です!

気になった方はぜひ手に取って試してみてください!

まとめ

今回はクラフトビール入門ということでよなよなビアワークスさんにお邪魔してきました。

また他のクラフトビールについても取り上げていきたいと思っていますのでご期待ください!

では!!

タイトルとURLをコピーしました